発熱で40度に!?脳に悪影響がでないか心配です

小児の熱が40度に

突然の発熱に、パパもママも困惑!
とても心配になる気持ちは十分お察しします。

大人は、自分で
「なんだか、体がだるいなー」とか
「喉や頭が痛いないー」

とか風邪の初期症状を感知しますが、子供はそうはいきません。

子供は突然熱を出します。

思い返せば、「そういえば、昨日は夜ぐずってたなー」と後になって気づくこともありますが、「さっきまで元気に遊んでいたのに!」と驚くことも多々あることでしょう。

また、大人は風邪を引いても微熱程度がほとんどですが、子供は高熱がでるので、あわててしまいます。

では、なぜ子供はそんなに熱が高いのでしょうか?

スポンサーリンク

ウイルスと戦うために体がわざと体温をあげている!

子供の発熱は大抵、ウイルスや細菌が関係しています。
熱があると聞くと、良くない印象に感じてしまいます。しかし、実はウイルスや細菌と有利に戦うために、体がわざと体温を上げているのです。

ときには、朝方に熱が出始め、夕方になってようやく熱が下がったかと思うと、また夜中に上がってくる。これもよくあることです。風邪でも2、3日は熱が続くこともあるので慌てる事はありません。

また発熱しやすい原因は、ウイルスや細菌と戦う力がまだ弱いからですね。

参考記事

高熱が出ると脳に悪影響があるのでは?

高熱が出たときによく心配されるのが、
「高熱で脳に障害が出てしまうのでは?」
ということです。

確かに、元気がなくなってしまい、横になりぐったりしているお子さんを見ると、
「脳に悪影響が出ているのでは、、、」と心配するかもしれません。

しかし、40度が数日続いても、発熱で脳がやられたり、後遺症が残ったりする事はありません。

よく「高熱=脳」と結びつけてしまいがちですが、高温の車内に放置して熱中症になったのでなければ、高熱が出ても大丈夫です。

また、熱の高さと病気の重さは関係がなく、高熱がでたらかといって必ず重病ではないということです。

まとめ

発熱はウイルスと戦うために、体がわざと体温を上げている。

ウイルスと細菌と戦う事が慣れていない小児は、発熱しやすい。

発熱で脳に悪影響がでる訳ではない。